-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05 24

宮沢りえとりえママの関係、現在の住まいはフランス

宮沢りえが長女を出産して、今は幸せに浸っているようです。その宮沢りえも今に至るまではかなり苦労したようですね。

11歳で芸能界デビュー。三井のリハウスのCMでの白鳥麗子役で一気に人気アイドルに。


宮沢りえの母親である光子さんは、りえを抱えて保険の外交の仕事をしていたらしい。

それと同時に銀座のあまり有名ではないクラブのホステスもやっていたとのこと。

光子さんの知り合いの飲食店に宮沢りえをよく連れて行っていて、そこにいた芸能事務所関係者の目に留まって芸能界入り。

その後は芸能界ではタブーの事務所から独立をしかもブレイク直後にやってしまったが、母親の光子さんの力で芸能界に生き残った。


敏腕ではなく、豪腕マネジャーだった。プロデューサーとしても指揮を執り、まだ10代のりえを"ふんどしカレンダー"で登場させたり、篠山紀信が撮影した全裸写真集『サンタフェ』を発売させた。

19歳の頃にヌード写真集を出して世の中はびっくり。その写真集も150万ほど売れたみたいですね。


中村勘三郎(当時・勘九郎)とも親しい関係だったそうで、自殺未遂騒動や拒食症状況もこの関係が原因と言われていました。





現在はりえママはフランスに住んでいるそうですが、やはり資金的には余裕があるのか・・・宮沢りえには父親の名前が出てこないので、母子家庭だったということですかね。


宮沢りえは仕事のために、りえママの指示に従ってきたようで、思った以上にいろいろ大変な人生だったようです。

激ヤセした頃はもう芸能活動もできないのかと思っていましたが、その後は息の長い活動に、そして結婚・出産となりました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

ぽっぽろろろ

Author:ぽっぽろろろ
FC2ブログへようこそ!

プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。